大麻王国

格ゲーとカードゲームの二刀流

【COJ】エンペラー昇格&DOB更新前デッキ供養&文明崩壊珍獣について

大麻です。

 

いつの間にか前回のブログ更新から1ヶ月が経っていました。

 

エラッタ(血染め粛清)やオリボ更新もあり、COJの環境は目まぐるしく変化していたように感じます。

 

 

 

この1ヶ月の間に、自分はエンペラーに昇格しました。

 

エンプレス滞在期間は20日間ほどだったのですが、エラッタでの環境変化に苦しんで色々と試行錯誤していたので、実際の日数以上に長かったような気がします。

とはいえ昇格した時の感動は耐え難いほど大きかったですし、勝利の余韻に浸っていたら自然と涙が流れてきて、自分自身に驚きました。

(どんだけこのゲーム好きなんだよ…。)

 

 

 

という訳で、こちらがエンプレス帯で最も使っていたデッキです。

 

f:id:goodcannabis:20171004211906p:plain

 

げすやなぎさん作の文明崩壊珍獣です。

 

前回ブログに書いたものとレシピはほぼ変わっていませんが、有り得ない速度でのOCユニット展開やラーばら出しによる圧のある除去、そして秩序の盾ごと貫くウォーハウンドの基本BP低下はやはり頼りになりました。

 

イシスエラッタ後はデッキパワーもオリボも高い連撃緑とマッチングする機会が非常に多くなり、1裏ブリギッド→ジズや中~終盤での大いなる世界待ちに非常に苦しめられました。

 

そんな中、人身御供を1枚入れてみたら、たったそれだけで対連撃緑戦はかなり安定して勝つ事ができるようになりました。

 

手札消費を最低限に抑えつつ1裏や2表のブリ+@の展開を返す事ができますし、人身御供を警戒して横に並べる相手にはシヴァ&ラーが刺さります。

露骨な世界待ちは紅蓮の命で返せますし、連撃緑は精々OCユニットからしか即座に点を取れないので、抑制剤の使い所を意識すれば不意の死も回避する事ができました。

相手ターン中に点を取られなければ紅蓮の命による自傷のリスクは無いに等しいので、トリロスだけではなくゲージ溜めとしても自分はガンガン使っています。

 

他に刺さる相手でいうと、紫相手に序盤のラー等で打点を重ねつつそのまま人身御供を打つ事で、クロエのような場持ちの良いユニットを消滅させて盤面の再展開を相手に強要できます。

文明崩壊珍獣を使っていると、対紫戦はオベロンでサーチ珍獣を殺されてついでに2点取られて盤面も崩壊、立て直そうとしている間にルシファーでマチあり…といった展開がよくある負けパターンになるかと思います。

しかし場にユニットを残さなければ点は取られないので、自分は序盤からガンガン殴って人身御供で盤面を流して、CPが伸びてきたら優秀なOCユニットを投げて、相手にホルスの処理を強要させてテンポロスしている間に倒しきるといった流れを作るように意識しています。

後はこまめに紅蓮の命を打って封殺を割るのはもちろん、手札溢れ防止のためにトリガーゾーンに逃したガーデンやプレリュードを割るのも非常に重要かと思います。

 

 

 

 

 

このデッキは序盤から除去と展開をしつつ打点も重ねてくる赤系デッキには不利がついており、一時期かなり悩まされていました。

その時にツイッターで赤系のSデッキのレシピを探していた所、快くレシピを教えてくれた方がおりました。

こちらがそのデッキです。

 

f:id:goodcannabis:20171004214142p:plain

 

キリンすまっしゅ☆さん作のSニケ道化師デッキです。

(頂いたレシピとは細部を変更しています。)

 

今更このデッキについて自分が何かを語るのはおこがましいと重々承知しておりますが、沢山殴ってさくっと勝ってオーブを盛る分にはこの上ないデッキかと思います。

 

信長やニケ、レイア、ホルスといった殴ってナンボのユニット達と熱き青春のシナジーは凄まじく、3枚積んである魔炎の決意と合わせて使えば相手のパンプの上から殴り勝てるので使っていて非常に爽快感があります。信長とレイアはバレー部のツートップです。

縦に強いユニットはクラウンクイーン+全身凶器でシャットアウトできますし、ピン刺しの殺意放出もいい仕事をしてくれます。

”全ては計画通り”は8ptドローカードとして採用していましたが、最近にわかに数を増やし始めたブリハン対策にもなっており、連撃緑からたまに飛んでくるエリートシーフにも刺さるカードなので8ptカード以上の値打ちがありました。

 

 

 

このデッキをきっかけに「赤でオリボ盛るのも結構オモロイやん!」という意識が芽生え、次に握っていたのがこちら。

 

f:id:goodcannabis:20171004215338p:plain

 

赤悪魔Sです。

 

レシピはランキングリプレイを概ね目コピし、分からない部分にはポイントを稼げそうなカードを雑に突っ込みました。確かモシャえさんのリプレイだったと思います。

 

このデッキは赤単悪魔としてのデッキパワーをあまり落とす事なくオリボを稼いでいて、序盤からの積極的な打点も豪快な焼きもこなせて楽しかったです。

 

1裏2表で出す信長やリリスが純粋に強く、噛み合うとそのまま持っていけるので相性次第でSデッキとは思えない程のポテンシャルを発揮してくれます。

個人的にはブレイジングツイスターとメテオクラッシュが肝で、ブレイジングツイスターを信長と合わせて使って5000焼きにしたり、文明崩壊珍獣のOCシヴァにメテオクラッシュを当ててOC前に倒したりといった使い方が出来ました。

このデッキもとにかく殴って勝つデッキなので、自分のようにカードゲームはフェイスを詰めてナンボだと思っている人間には向いているかと思います。

 

 

 

後は最近使っていてランキングリプレイに載ったデッキも残しておきます。

明日のオリボ更新以降、どういった変化を遂げるか自分も楽しみです。

 

 

 

こちらは9/25のランキングリプレイ時に使用していたデッキです。

 

f:id:goodcannabis:20171004220518p:plain

 

f:id:goodcannabis:20171004220330j:plain

 

レシピの出処はうろ覚えですが、恐らくヒッキー☆さんがツイッターで呟いていたものを拾ったのが発端で、そこから使っている内に今の形になったのかと思います。

 

狂神アレスの”圧”が凄まじく刺さる相手にはとことん刺さるので、勝てる時はテンポ良く、尚且つオーバーキル気味に勝ち続ける事ができました。

自分の考えた訳のわからないデッキで全国に潜って燃えた分JPを取り戻せたのはこのデッキのおかげです。

 

このデッキは従来の文明崩壊珍獣と比べ進化ユニット過多につき手札消費が激しく、狂神アレス(とマコちゃん)は不利状況ではなんの役にも立ちませんし、ユニットサーチ兼トリガー踏み兼進化元であるデビルウィンナーさんの過労死も目立ちました。

 

文明崩壊珍獣、ひいては珍獣デッキの回し方をきちんと把握している方であればもっと安定して回す事ができるのでしょうが、自分は当時使っていて「なんやこのデッキ、めっちゃ下振れするやん。気持ちいいからどうでもいいけど」までしか考えられていませんでした。浅い…。

 

最近は使用頻度も上がってデッキが自分に馴染むようになってきましたし、何より狂神アレスというユニットの事が自分は大好きになってしまったので、これからも手を変え品を変え使い続けていくかと思います。

 

f:id:goodcannabis:20171004222316j:plain

 

この世に破壊の限りを!🏇💥💥

 

 

 

翌日の9/26もたまたまリプレイに載っていて、その時はこちらのデッキを使っていました。

 

f:id:goodcannabis:20171004222534p:plain

  

f:id:goodcannabis:20171004220328j:plain

 

ゆうなぎさんの文明崩壊珍獣です。

 

ブログ冒頭の文明崩壊珍獣とユニット構成は全く同じなのですが、トリガー・インターセプト周りは全くの別物になっています。

 

 

げすやなぎさんの文明崩壊珍獣は各種魔導書3積みと金の神殿による超高速のドロー&OCユニット展開によるイージーウィンが長所なのですが、引きが良すぎて早期に1色引ききってしまうとその色のサーチ珍獣や対応魔導書が手札で腐ってしまうといった短所もあります。

文明崩壊が引けていれば腐る事は無いのですが、例えばどうしてもホルスを引きたくて次のターンにホルスを確定サーチできる目処が立っている時に、既に引ききった他色のカードを腐らせないためだけに文明崩壊を打ってサーチ先のブレを引き起こすのは得策ではないと自分は考えています。

 

こちらのレシピは魔導書3積みと比べてドロー速度はどうしても落ちてしまいますが、3積みのクローン生成のおかげで安定してサーチ珍獣からデッキを引ききる事ができますし、クローン生成から引いたサーチ珍獣が手札に居れば後のオーバーライドやターン開始時ドローでトリガーだけを引いてきても最小の労力で踏めるので非常に便利です。

 

神トリガーも非常に強いです。

このトリガーは種族サーチなので、サーチ珍獣を切らしてしまった場合でもデッキに残っているシヴァ・ラー・ホルスといった強力なユニットを手札に集める事ができます。

被破壊時に手札に戻る効果もこのデッキと良く噛み合っており、例えばOCホルスを出した後に神トリガーを刺しておき、返しに除去されてトリガーが発動しホルスが手札に戻ってきて、自ターン開始時に文明崩壊発動からのカパエル+神殿でまたOCホルスが完成した日には絶頂を迎える事間違い無しです。

 

このデッキはデストラクションスピアを2枚採用しているので、序盤の相手のオラつきにもある程度対応できるようにはなっていますし、中~終盤に出てくる相手のフィニッシャーや除去必至の遅延ユニットへの回答にもなります。

抑制剤は1枚しか入っていませんが、文明崩壊は3積みしているので余程の事でもない限り道中で引けますし、抑制剤を増やすとむしろデストラクションスピアや人身御供、紅蓮の命が手札に溜まりがちになるので、理に適った構築だと思います。

 

 

 

最後に、自分がランキングリプレイに載った訳ではないですが、最近流行っている赤黄文珍と呼ばれているデッキも掲載しておきます。

 

f:id:goodcannabis:20171004224818p:plain

 

レシピはかみきたこまりさんが作成したものです。

完成度が非常に高く、流行するのも納得のデッキかと思います。

 

この記事では様々なタイプの文明崩壊珍獣のデッキを挙げてきましたが、それらのおいしいとこ取りをしたかのようなレシピになっていて、改めて見ても惚れ惚れします。

 

ここまで洗練されているとデッキについても書く事が無くなり、「このデッキ、見たまんま強いよ!」としか言えません。

 

本当に強いのでおすすめです。

 

 

 

以上、今期のデッキ紹介でした。

 

週末には名古屋でのエリア最強決定戦も控えており、自分も現地に向かいます。

現地での見知らぬ強豪達との交流や、大会の空気感を味わうのが楽しみです。

 

10月には新弾もリリースされるようなので、名古屋での何らかの発表を期待しています。

 

 

 

それでは皆さん、良きCOJライフを。