大麻王国

格ゲーとカードゲームの二刀流

【COJ】ハイプリ昇格&DOB更新前デッキ供養&近況報告

大麻です。

 

前回の更新から今日まで、COJもハースストーンも色々書きたい事があり過ぎて逆に何も書けずにいましたが、昨日ハイプリに昇格できましたし、明日DOB更新ということで、ようやくブログを書き始めました。

 

 

 

ハースストーンは先日、新拡張の「凍てつく玉座の騎士団」が発売されました。

 

巷ではドルイドが強すぎて「ドルイドストーン」や「乳首ストーン」と揶揄されているようですが、自分の場合は「そんなに強いなら文句言う前に自分も使って無双すればいいじゃん、竹槍でB-29と戦うやつおる?」という考えなので、今の環境も普通に楽しめています。

 

「究極の侵蝕」というカードがハースストーン史上稀に見るクラスのスゴカードで、自分は使っていてとても楽しいです。

 

f:id:goodcannabis:20170823211829p:plain

 

書いてある事全てがおかしいのですが、このカードは神様からの贈り物なので何もおかしくはありません。使いましょう。

 

ドルイドに勝てない」「マルフュリオンが憎い」「実質シャドウバース」etc...

そういった悩みを抱えている方々は今すぐこのカードをクラフトし、googleで「翡翠ドルイド デッキ 最強」と検索するか、Tempo Stormのうまぶりレシピを真似るかして、ラダーに潜りましょう。

明日にはきっとあなたもレジェンド。

 

 

 

さて肝心のCOJ事情ですが、前回のブログ更新後、8月5日(土)に関東エリア最強決定戦に参加しました。

 

当日は観戦&観光がメインで抽選枠には賑やかし程度の気持ちで名前を書いたのですが、運良く選ばれました。

 

f:id:goodcannabis:20170823213110j:plain

 

名前で抽選落ち必至だと思っていたので、「そこ差別しないの!?」と逆に驚きました。

SEGAの黒岩さんが「大麻選手」って言ってるのやべぇよやべぇよ…。

 

 

 

大会には以前のブログに投稿した赤単セクメトマモンとほぼ同じものを持ち込んだのですが、結果は1回戦で赤黄に負けました。

 

こちらが後攻で、1ターン目にタコリリス・あるいは妥協のサラマンドラをするためにマリガンで探しに行ったのですが、緊張からかマリガンを失敗してしまい、2表から相手リリスや雷光、ホルスを止められず、4ターンで負けました。

 

負けたすぐ後は「負けたーwガストいこww」程度の空気感でヘラヘラしていたのですが、時間が経つにつれて胸の中に悔しさが募っていき、それと共に(オレやっぱこのゲームめっちゃ好きだわ…)と再認識しました。

 

大会自体にあまり興味がなかったのですが、もし次に参加する機会があれば、その時はより良い結果を残せるようにしたいです。します。

 

 

 

当日は沢山の方が来ており、自分のような新参者にも優しく接してくれるCOJ勢ばかりで有難かったです。

個人的な大会ハイライトは、かみきたこまりさんがバナナジョーカーさんと対戦している時、トップで鳳凰を引いて「勝ったー!!!」と絶叫した瞬間です。

デッキが残り6枚だったので引けると言えば引ける場面ではあったのですが、それを差し引いてもあれは見ていて最高に燃えましたww

 

打ち上げも楽しかったです!

 

 

 

そして8月8日に新バージョン2.2が稼働しました。

 

巷では巨人と機械が最強の一角に加わったようですが、やはり青紫や紫、血染め、海洋が頭ひとつ抜けて強力だと思います。

 

 

 

青紫については自分も握っていたのでレシピを載せておきます。

 

f:id:goodcannabis:20170823220007p:plain

 

回り始めると手がつけられない枚数のカードを引きながらマナ加速して、相手ユニットのレベルを上げながら除去できるので非常にデッキパワーが高いです。

構築が綺麗な所もGOOD。

レシピはヒッキーさんがTwitterで呟いていたものです。

 

 

 

このデッキが非常に好感触だったのですが、自分にとっては少し難しくて思ったように回せず、次に握ったのが巨人デッキです。

 

f:id:goodcannabis:20170823220530p:plain

 

新弾が出て数日、赤デッキの新しいレシピが全く出て来ず、ユニットを焼きたくて焼きたくて震えていた頃に「魔眼王バロール」の15000焼きがしたいだけで使い始めました。

レシピは最初の頃は自分の考えたものを使っていたのですが、朝ランチさんがTwitterで呟いていたものの方がしっくりきたので、そのまましばらく使い続けていました。

 

相手が遅いデッキならばエルサンダーで1点→最速ファングディバシが狙えるし、速いデッキには1裏2表エンビルで蓋をして盤面を作っていきます。

主力ユニットが中~大型寄り、序盤には盤面に干渉する手段を持たない所が弱点で、沈黙がん積みの青や夏の大三角デッキには非常に苦しい戦いを強いられるのですが、エンビルの加護を突破する手段を持たないデッキにはほぼ勝てます。

 

盤面に巨人が居る時のバロールは毎ターン0CPでブレイブシールドを打ちながら3000ダメージをばら撒いてくれますし、加護持ちも関係なく焼いてくれます。

スルト様がいれば焼き残しもほぼ殺しきれますし、まさにSRに相応しい活躍をしてくれます。

 

 

 

巨人デッキも数日握っていたのですが、しばらく使っていると「巨人はかわいいユニットがスルト様しかいないから使ってて辛い!あとカードをいっぱい引きたい!速いデッキ使いたい!ラクして勝ちたい!ぬああああ!!!」といった禁断症状が現れ始め、こりゃダメだとデッキを模索(レシピ乞食)しました。

 

次に握ったのがこちらの文明崩壊珍獣。

 

f:id:goodcannabis:20170823221920p:plain

 

一見すると正気の沙汰ではない構築ですが、とても使いやすく且つ強く、オーブ13個からハイプリ昇格までほぼこのデッキで突き進みました。

レシピはげすやなぎさんに教えていただきました。

多分このデッキじゃなかったらこのゲーム始めてから2ヶ月でハイプリ昇格なんて無理だったと思います。それぐらいデッキパワーが高いです。

 

とにかくデッキの回りが良く、2表でOC完成は日常茶飯事ですし、1表カパカパ2表OCホルスで更地にして4点なんて事もざらにあります。

自分の場合は4ターン目までに5~7点取ってゲームエンドor次のターンにタワーから入ってOC+ホルスで点を取りきるといった流れが多いです。

 

横も縦も焼けるシヴァ、横に並んだ相手への単体焼き性能は随一でコストも軽いラー、秩序の盾持ちを突破できる上に”あなたはカードを1枚引く”と書いてあるウォーハウンド、加護持ちやファッティを除去しつつガンガン殴れるホルス…といった風に各ユニットごとに役割がハッキリしているので、相手デッキに応じて掘るユニットをきちんと意識して戦うのがこのデッキの肝だと思います。

この構築ではあっという間にユニットを全部引ききってしまいますが、デッキが圧縮されるにつれて各種インターセプトへのアクセスも良くなりますし、雑な抑制剤から文明崩壊を引っ張って来れるのでそこまで気にはならないかと。

がんがんドローできるので、気がついたら手札に文明崩壊が2枚も!なんてことは日常茶飯事です。

 

先攻時は2表にOCユニット+サー珍で3~4点→立て直す暇を与えず文明崩壊からホルスばら出し等で打点してライフプレッシャーを与え守りに入らせる→手札が揃い次第タワー。

後攻時はここまで簡単に打点できなくはなりますが、このデッキなら1裏の3CP2ドローというアドバンテージを最大限に使えますし、1表の相手の動きからデッキタイプを推測して手札状況・盤面状況から勝利ターンを逆算できるので、後攻でも非常に強いデッキだと思います。

 

紅蓮の命がOPで、アムネシアや封札の死壊石・デストラクションスピアといった厄介なインターセプトカードを全部叩き割ってOCユニットを安全に着地させつつ、自傷してジョーカーゲージを溜める事もできます。

相手次第ですがワンショットの布石となるカードもこのカードが1枚あればCPを吐かずに全部割れるので、対ワンショットやオークション相手の戦績も上々です。

相手がタワー警戒でジョーカーゲージが溜まる寸前でアタックを止めても、このカード1枚で台無しに出来ます。相手のトリガーゾーンが空っぽならいらないユニットを雑にトリガーゾーンに突っ込んで自傷してタワー発動で終わらせましょう。

 

新カードの月虹のささめきも非常に強力で、場が膠着して並べ合いになった時、手札のゴミを2枚捨ててデッキからカードを2枚”選んで”持ってこれます。

やべーやつ。

 

ピン刺しのラーは使い所が少し難しいですが、横に並べる相手への強力な単体焼き、更地を走れる1コストのスピムと思って雑に投げても大丈夫です。文明崩壊すればもう1回引けます。デッキを信じましょう。

 

 

 

という訳でこのデッキがあまりにもぶん回って気持ちよかったので、少なくとも今期の8割はこれを使って全国に潜っていたのですが、もう一つぶん回していたデッキがあります。

 

リリスママ続投の赤黄文明崩壊珍獣です。

 

f:id:goodcannabis:20170823224714p:plain

 

巷では馬鹿黄と呼ばれているデッキタイプで新カードが1枚も入っていない構築ですが、今なお強かったです。

レシピはきこりんさんから拝借しました。

 

リリスエラッタされてからというもの、今の環境は1表メイカやデネブ、ピヨビルダー、はにわといったBP3000ラインのユニットが多く見受けられるようになりました。

そういったユニットに対し、デッキから4枚までランダムでトリガーゾーンにカードをセットし、アタックした時お互いのトリガーゾーンにあるカードをそれぞれ1枚ランダムで破壊して3000ダメージを与えて一方的に除去と打点が出来る。

そんなユニットが弱い訳なかった。当たり前なんだよなぁ…。

 

そうでなくとも秩序の盾持ちである勇機バトルキッド以外には焼きも含めてがんがんマウントを取っていけますし、1裏リリスはやはり格別です。

今のリリスは除去されても正直あまり痛くはないですし場合によってはラーの土台にして使い捨てる事すらあるのですが、リリスを出すと相手が必死で除去してくれるので、そういった意味でもアドの取れるカードです。

 

リリスママの事ばかり書いてますが、このデッキには新カードがありませんし、今更解説する余地も無いほど完成されたレシピなので、まだ馬鹿黄に飽きてない人にはおすすめです。

先にリリス出して一生マウント取りながら毎ターン文明崩壊打って除去は全部デスピ打つのがコツです。

対面に”夜魔女王リリス”の悪夢、思い出させてあげましょう。

 

 

 

といった具合で、ハースストーンもCOJも余す所なくめちゃくちゃやっています。

 

最近はCOJ繋がりの知り合いも増えてきて、ゲームをするのが更に楽しくなってきました。

明日からも全国には積極的に潜っていきますので、マッチングした方はよろしくお願いします。

 

Twitterもやっていますので、良かったらそちらも覗いてみて下さい。

屍山血河の大麻 (@cannabis_coj) | Twitter

 

それでは皆さん、良きCOJライフを。

 

 

 

PS.血染め珍獣にピン刺し蝿魔王ベルゼブブ、天才か???