大麻王国

格ゲーとカードゲームの二刀流

【COJ】KING~MAGICIANまでの使用デッキ紹介

大麻です。

 

COJ新バージョン発表、きましたね。

発表スパンがかなり短い気もしますが、先出し情報だけでも狂ったカードがちらほら見えたので、期待しています。

 

自分は8月の関東エリア最強決定戦に行くので、新バージョン直前特番は現地で見る事になりました。

 

肝心の大会は抽選枠次第といった感じです。

このゲームのプレイヤーは1裏でOCホルスを完成させる(頭おかしい)強運の持ち主ばかりなので、抽選についての自信は無いですが、記念参加はしてみようと思います。

 

 

 

ここから本題です。

 

もうすぐオリボ更新も(多分)入りますし、デッキ供養も兼ねてKING~MAGICIAN帯まで使ったデッキを掲載・紹介していこうと思います。

 ※追記 明日オリボ更新らしいです。

 

 

 

まずはこちら

 

f:id:goodcannabis:20170801203151p:plain

 

新カードを除けば無料で組める赤黄デッキです。

ふじさきゆうやさんのブログ記事を参考にした上で、2.1EXのカードを少々足して作りました。

 

やり始め~ACE10ぐらいまではこんな感じのデッキを使っていました。

アケで投げるベルゼ、たまんねえ。

 

これでも十分強くてまだまだ勝ち続ける事はできたかと思いますが、ホームゲーセンの方達がとても優しく、トレードや余剰カードのプレゼントを積極的に持ちかけてくれて、カード資産も増えたので全く違うタイプのデッキを握る事にしました。

 

 

 

f:id:goodcannabis:20170801200947p:plain

 

「連撃緑」です。

 

ACE10~ACE2ぐらいまではこのデッキを使っていました。

レシピはころころ変わっていましたが、グンキすまっしゅ☆さんのツイートを参考にしたり、ホームゲーセンの方達から助言を貰ったりして日々調整していきました。この頃で6月末ぐらいだったかな?

 

アイテールやゴリデスといった貫通持ちのユニットでパンプ(たまにパンプじゃない)を伏せてアタックを通し、その後ブリジズやプラウドドラゴンで除去と展開を行いつつ、Lv2アプスーで全員に強制防御付与→インサイトストライフで盤面除去兼打点を行うのが一つの勝ち筋です。

 

ジョカとギルガメは盤面がどうしようもなくなった時のリセットボタンとして採用。

アトゥムの枚数が1枚だけですが、当時はパックから素引きで当てた1枚しか持っていませんでした。

 

連撃によるハンド消耗が気になりますが、加速装置&間欠泉のギミックが強く、それらが発動できる状態で自分のターンを迎える事が理想です。

 

トリガーロストと盤面処理を同時に行うリリスを出されるだけで試合がほぼ決まってしまうのと、ランクが上がるにつれて対面でリリスの出てくる確率が一気に上がったので、このデッキも徐々に使わなくなっていきました。

 

8月のリリスエラッタ後のメタの動き次第では、このデッキをまた握る日が来るかもしれません。

エラッタしてほしくねえけどな!

 

 

 

f:id:goodcannabis:20170801200155p:plain

 

「OC珍獣」です。

 

A4~使用。頻度は下がれどMAGICIAN帯でも最近普通に使っています。

A4まで落ちてFOOLに昇格するまではこのデッキしか使っていません。

 

レシピはツイッターで見つけたものを参考にしました。

 

ポイントによって細部は変わりますが、基本的にはオリボCを目標に、トリガーやインターセプトを調整します。

調整枠は「深緑の魔導書」と「3枚目のターニングポイント」です。

ポイントや環境次第では、これらが「薙ぎ払い」「アンフェア・タックス」「死神のランプ」あたりになるかと。

トリガーロスト枠として、「セレクトショップ」は「微笑の占い師」や「紅蓮の命」と代えていいかもしれません。

 

立ち回りについて、相手のデッキ次第ではありますが、自分の場合はとにかくデッキを回す・相手からの打点を減らす事を意識しています。

 

最初の頃は「OC珍獣はCOJPでも使ってたしあんな感じで通用するだろう」と思ってましたが、COJPのOC珍獣と現在のCOJのOC珍獣は全くの別物でした。

COJPと同じ感覚で回しているとまず勝てません。

現在のCOJのOC珍獣はCOJPほど爆発的な得点力が無い上、雑に回した途端に対面から即死級の攻撃が飛んでくるので、1ターン2ターン先を見据えた丁寧なプレイングが要求される印象です。 

 

まずはサーチ珍獣でデッキを回し、相手の動きを見てデッキ内容・プレイングの熟練度(超重要)を判断しつつ、都度適切な回答をデッキから持ってくるのが基本的な動き方だと思います。

押し付けあいが強いCOJというゲームで、相手からの押し付けを拒否し続ける感じです。 

 

現在の高速環境下では、早い段階で人身御供や両成敗が必要になる事が多いので、マリガンではサーチ珍獣の他にターニングポイントも引き込めていると尚良いです。

特にリリスクロックアップでBPが5000を越えてしまい、除去必須ユニットなのにOCスターフィッシュガールやOCウォーハウンド1枚で除去しきれなくなるので、なるべく人身御供で流したいです。

 

人の業は適当に刺すのではなく、人身御供とセットで刺すか、進化ユニット1枚で試合が大きく傾いてしまう時、対面からワンショットの気配を少しでも感じた時に出すといいです。

その時にわざと数秒時間をかけて、手札が溢れそうで嫌々セットしたような素振りを見せると”強い”です。

 

更地から得点を取るのが難しい緑系(ただし戦士にあらず)、立ち上がりが遅い黄系、紫系、珍獣ミラーで後攻を踏んだ時などはよく勝てています。

 

やはり赤系対面が厳しいですが、勝てる見込みはある方だと思います。

リリスは返しに除去するのが理想です。

 

青系、特にレベコンは「封札の死壊石」や「アムネシア」が大量投入されている場合が多く、それらを捨て札から回収するギミックもあるので赤以上に厳しいです。

相手が自滅した以外で勝てた記憶がありません。

ハンデスは諦めましょう。余計なストレスを溜める前にサレンダーするのが重要です。

 

OC珍獣は上振れが大きいデッキで、ブン回った時のポテンシャルの高さは随一だと思います。

このゲームならではのプレイングを要求されますし、非常にやりごたえのある楽しいデッキです。

COJの面白さ詰まっとる。

 

ユニットを掘る順番やダルマの投げ方、シヴァをOCさせずに全体除去として使うタイミング等、覚えるべきことは沢山ありますし、自分もまだまだOC珍獣に対する理解が足りていませんが、自分より数倍以上上手い珍獣レジェンドの方達が、回し方等の解説記事を書いてくれているので、気になる方は自分で探してそちらも読んでみて下さい。

 

 

 

 

f:id:goodcannabis:20170801200136p:plain

 

「赤単」です。

FOOL~MAGICIANまではこれを使っていました。

 

この時点でCOJを始めてまだ1ヶ月経ってないぐらいで、人気カードのラーもリリスも全く足りてなかったのですが、ホームゲーセンの方からラーとリリスを、7月に参加した千日前ラウンドワンの大会「たそがれ杯」で同じく参加者だったミキさんにリリスをトレードしてもらい、なんとか理想に近い形で組めました。

 

マモンは新弾を回して当てたのと、早期にトレードで集めていました。

このカードを使いたくてアケJを始めた部分もあり、マモンの魅力を最大限に引き出せるデッキなので使っていてとても楽しいです。

 

オリボはCが目標です。

調整枠は「ケロール・レッド」「盗賊の手」あたりでしょうか。

ケロールに関しては、赤1CPでオリボ4Pという条件を満たせていれば正直なんでもいいです。

盗賊の手は、対面にブリハンや侍が多いと感じたら増やしますし、いなかったら抜きます。CPブースト系カードが増えていると感じたら、「死神のランプ」に代えましょう。

最悪ポイント付きの変なカードでもいいです。

 

構築については「最近よく見る普通の赤単」ですが、自分はシヴァではなくサラマンドラを採用しています。

 

理由は単純で、赤単ミラーや赤黄対面での「1裏or2表リリスからのブン回り」を押さえつけるためです。

「相手の最速リリスからグチャグチャにされて負ける」という展開が心底嫌で、リリスさえ処理できればチャンスを掴めると思い、自分なりに色々考えてみました。

 

デストラクションスピアがあるので、1表マコデスピ伏せエンドすれば1裏リリスを倒す事はできますが、ライフ1点と手札を1枚失うのは痛いですし、デスピも無限に打てるカードではありません。

インターセプトなので場合によっては腐りますし、これでは根本的解決にならない。

リリスを先に出すゲーム」をやっていてもマリガンが上手い方が勝つだけだし、始めたばかりでマリガン精度も発展途上の自分が、自分よりもキャリアの長い人達と同じ土俵で戦っても分が悪い。

 

ならユニットを展開しつつ、リリスが出た瞬間殺せるようなカードを相手より先に出せればいい。

相手のリリスを封じられるし、ユニットならこちらのリリスの土台にも出来る。

 

という思考の変遷を経て、火弦の精サラマンドラに白羽の矢が立ちました。

 

f:id:goodcannabis:20170802014343j:plain

 

(COJとは全く関係ないけど、コルピクラーニのヒッタヴァイネンって今なにしてるんだろうね…)

 

 

 

今更感もありますが、このカードのアビリティを紹介します。

 

【対戦相手の進化ユニットがフィールドに出た時、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに8000ダメージを与える。】

この効果のおかげでほとんどの進化ユニットは場に出た瞬間に死にます。リリスはもちろん、サリエルスサノオすら立つ事を許さない。

 

【あなたがプレイヤーアタックを受けるたび、対戦相手のユニットを1体選ぶ。それに2000ダメージを与える。】

何気に便利な能力。侍が雑にアタックしてきたらライフと引き替えに静御前を殺せます。セクメトと合わせて相手ユニットのBP調整ができる所もGOOD。

 

このカードが予想以上の働きをしてくれて、赤黄相手に出せば相手の動きが目に見えておかしくなるし、赤ミラーだと序盤の場が膠着する事間違いなしです。

そこですかさず自分だけリリスを出してマウントを取りに行ったり、最速マモンに備えてセクメトの展開、相手のデッキ次第ではヘカテーを出して場にサーチ珍獣を並べさせなくしたりと、沢山の選択肢から最善手を選べます。

セクメトをセットする時は極力手札事故を偽った方が通りやすくなるので、事故っぽい動きを見せる等して色々小細工するのも面白いと思います。

あまり横に並べすぎると、シヴァやラーで除去された後にリリスでマウントを取られるので、セクメトからの最速マモンの動きが保障されている時や、相手の手札が少なく除去を打たれてもいい時以外はケアした方がいいです。

 

マモンの使い方ですが、極力オーバーライドせず、毎ターン6000~10000オールを飛ばして更地を作りましょう。

1.2当時のCOJをやっていた人から「手札にベルゼが2枚あってもほぼ重ねた事はない」と聞きましたが、多分その感覚と似ているのではないかと思います。このカードはレベルを上げるより3回投げた方が強いですから。

このデッキに関してはシヴァも不在で、横の除去もマモンが全て受け持つ事になります。大事に使いましょう。 

 

序盤にリリスやラーを絡めて打点が取れているなら、マモンを出して更地を走らせれば試合が終わりかねない程の大ダメージが入るはずです。

 

大ダメージが入る機会を阻害してくるのがミューズやヴィシュヌといった秩序の盾を持つユニットなのですが、それらには鳳凰が刺さります。

最速ヴィシュヌ(5CP)に最速鳳凰(6CP)は間に合いませんが、先にマモンで焼いておけば秩序の盾持ち以外のユニットはほぼ除去出来ているはずですし、秩序の盾持ちユニットは鳳凰で全滅します。

 

この一連の流れが本当に強く、苦手だった緑系デッキにも10000オールor鳳凰で突破可能になりました。

アフロディーテ、開眼のアヤメ、ライトニングドラゴン、パイモンといったリリスで除去できない加護持ちユニットも、マモンを出せば死にます。

 

先攻時の理想ムーブは、1ターン目サラマンドラ、2ターン目軽減タコ軽減リリスor悪魔ユニット+セクメト、3ターン目マモン、4ターン目マモンor鳳凰での決着です。

相手次第ではありますが、マモンが手札にあれば横に並べるだけで次のターンに大量得点出来ますし、リリスが刺したダウジングでマモンが割れると勝利プランが崩れる場合もあるので、無理は禁物です。

 

後攻時もやはりサラマンドラスタートです。

ただ、マリガンで「タコ、リリス、デスピ、軽減用赤ユニット」のような、相手の即サレを狙える手札の時はその限りではないです。

対面が赤単や赤黄、珍獣デッキの場合は珍獣の横並べを阻止するため、まずはサラマンドラ+ヘカテーで動く場合が多いです。この場合ヘカテーの1000ダメージは極力サラマンドラに当てないようにしましょう。1発でも当てたらラー圏内です。

 

このデッキは現在環境で確認されているほとんどのデッキに五分~有利に戦えると思います。

ワンショット系のデッキや大航海オークション相手だと相性が関係無くなるのですが、早めにリリスを出して除去とトリガーロストを繰り返せばだいたいなんとかなります。マモンの第二効果のトリガー2枚割も有効です。

不利なマッチアップはブリハンやヌト戦士、カーバンくん育成デッキでしょうか。こちらの立ち上がりが遅いと厳しい試合になります。

 

FOOL帯突入後にこのデッキを握ってからの勝率の伸びは凄まじく、136戦91勝でMAGICIANに昇格する事が出来ました。

 

デッキの回転速度、ユニットの展開力、横と縦を兼ねる強力な除去、ミラーマッチでの対応力、どれを取っても1級品だと思います。

エラッタ前のフルパワーリリスの勇姿が見れるのは今だけですし、リリスママとの思い出作りにも最適なデッキです。 

 

 

 

以上、デッキ紹介でした。

 

最近はブリハンや侍も使っているのですが、回し方が下手くそすぎて紹介するのもおこがましいので省きます。

 

ブリハンについては自分より上手い人達が記事や動画を沢山投稿しているので、興味がある方は探してみて下さい。

侍はジル・バレンタインさんがぶっちぎりで上手いので、公式リプレイ動画や氏のツイッターをチェックすれば収穫があるかと。

 

それでは皆さん、良きCOJライフを。